2021/02/26

第493回男塾「プラズマが世界を救う」3

健康
ビジネス
医学
軍事
発明
表示中のページ:1

第493回男塾「プラズマが世界を救う」3




がん統合医療のトップに認められたプラズマパルサーの威力
田丸氏「私のがんが治ったと言うので、最初の23年はがんの方ばかり来ました。作った装置をキャスターにくくりつけて、いろいろな先生のところを回りましたけど、わけのわからない機械だというので、当然のことながら、誰にも相手をされませんでした。一番嬉しかったのが、某医大の K 先生の所に行った時です。初めて『装置を置いていってくれないか』と言われて、装置は一台お預けしました。

K先生というのは、某医大の元教授で、がんの統合医療ではトップの、雲の上、神様のような存在の先生です。その先生からじかに『来てくれないか』と電話を頂いた。先生自身、顔半分に麻痺があって、知覚があまりなかったけど、試したら、指で触って分かるようになったそうです。

それで『これは臨床に使ってみたい』と言われたのです。子宮頸がんの方と乳がんの方だったと思います。ステージ2だったので、週に1回、30分機械にかけたら一ヶ月半で消失しました。

先生も『ありえないことが起きた』ということになった。ありがたいことに、研究会を作るために大学の先生が僕らに随行してくださって、統合医療、先端医療をやっている開業医で結構有名な先生のところを回りました。

続きは会員様のみに配信しております