2021/01/30

第488回男塾「中国に飲み込まれる日本の領土『爆買い』」2

政治
表示中のページ:1

第488回男塾「中国に飲み込まれる日本の領土『爆買い』」2
~「爆買い」に手を貸す媚中派議員~




親中派の二階氏の直接関与はあるのか?
ジャーナリスの河添恵子氏によると、自民党の親中派の二階幹事長は、中国資本による日本の土地の買収について「中国を刺激するな」とやかましく言っているという。親中派の二階氏が直接関与しているのか?…それとも陰で操っているのか?

その二階氏は、中国に対して一体どんな考えを抱いているのか。その解明は難しいが、なぜか二階氏が、日本がとるべき対中政策について、なんらかの見解や主張を述べた記録は皆無だ。とにかく狸親父である。しかし、後程述べるが、ワシントンシンクタンク報告書によれば、二階氏は米国から見ても親中派の政治家として権力をふるっていると、警戒されている。



「親中派」は過去も現在も存在する
まずは過去の親中派・・・・・日華平和条約では、歴史的経緯から、古代中国に親しみを感じる人がいる一方で、現代を取り巻く東アジア情勢、とりわけ中華人民共和国(中国共産党)と、中華民国(中国国民党)との相克から、歴史的に政治的な立場として「親中派」「親台湾派」と声高に呼び称されていた時期があった。

続きは会員様のみに配信しております