2016/07/09

第197回男塾「北朝鮮の㊙機密ファイルに迫る」前編

国際政治
表示中のページ:1

第197回男塾「北朝鮮の㊙機密ファイルに迫る」前編


北朝鮮における興味の尽きない、耳よりの㊙情報をお届けしよう。

今回、NHKは北朝鮮の内幕を記した1万2千ページに及ぶ軍の機密ファイルを独自に入手した。アメリカ、ロシア、韓国、中国、日本の北朝鮮専門家や情報機関の関係者、そして元北朝鮮人民軍の兵士たちを多角的に取材し、新たな資料と証言から、謎に包まれた金正恩と軍の関係や、核武装の構築を急ぐ内部事情に迫ってみる。権力の継承と体制固めの現状と、北朝鮮の今後の動きについて徹底検証していく。

この機密ファイルを、世界の研究者や専門家と共に分析し、そこから新たな事実が見えてきたことだ。資料の分析には、実に3年近くの時間を要したという。


今回、機密ファイルに記されていた情報の分析にあたった北朝鮮の専門家の一人が、「こうした情報流出の背景には、『北朝鮮の現状を知らせたい』という人間が、内部に増えているということの現れではないか。北朝鮮の中で、変化が起き始めている」ということを物語っているて、身を危険にさらしてでも、外部に伝えたいという意思が強く感じられた、と言う。

これらの情報は、ときどき公表される北朝鮮からの情報とは全く異なる裏事情が、機密ファイルには詳細に書かれており、その全てが新たな発見であったと言う。

では、日本に最も近い国なのに、ベールに包まれた北朝鮮の真実とはどのようなものかを語っていこう。
それは、予想を超えた内情の悲惨さに戦慄を覚えるものとなっている。

続きは会員様のみに配信しております